logo

鳥取県日吉津村の生活に密着したエリア限定ワンセグ放送、KDDIなどが実証実験

松田真理(マイカ)2009年03月03日 17時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中海テレビ放送、サテライトコミュニケーションズネットワーク(SCN)、DXアンテナ、KDDIの4社は3月3日、鳥取県西伯郡日吉津村(ひえづそん)において、ケーブルテレビアクセス網を中継線としたエリア限定ワンセグ放送の実証実験を共同で行うと発表した。期間は4月29日から7月末まで。地元居住者の日常生活に密着したエリア限定ワンセグ放送の実証実験は、これが日本で初めてという。

 今回の実証実験では、中海テレビ放送が実験の主体となって実験試験局(総務省電波免許)の運用やネットワーク構築などをし、SCNが地域コンテンツ制作、DXアンテナおよびKDDIがシステムを構築する。

 期間中、日吉津村役場およびイオン日吉津SCを中心とした直径約1kmの範囲を対象に、ワンセグ実験放送を送信する。放送する番組は、中海テレビ放送のコミュニティチャンネル、日吉津村役場やイオン日吉津SCと連携した特別編成番組、関連イベントの生中継などの予定。これらは、市販されているワンセグ端末で閲覧可能だ。

 また、日吉津村民を対象とした説明会やイオン日吉津SCへの来場者を対象とした視聴促進イベントを開き、実証実験や視聴方法についての説明、アンケート調査などを実施する。これらを活用して、将来のサービスモデルを検証する構えだ。

-PR-企画特集