logo

フォトレポート:米軍が拡充する戦闘ロボット--無人戦闘機や武装ロボット車の数々 - 14/16

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年03月05日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Fetch 3.5」と呼ばれるこのAUVの目的は、海洋のさまざまな情報を探知して記録することだ。ボルティモアを拠点とするPrizm Advanced Communication Electronicsによれば、Fetch 3.5は30時間までミッションを遂行することができ、500フィート(約150m)の深さまで潜水することが可能だという。外観からは、それ以上のことができるように見える。

 「Fetch 3.5」と呼ばれるこのAUVの目的は、海洋のさまざまな情報を探知して記録することだ。ボルティモアを拠点とするPrizm Advanced Communication Electronicsによれば、Fetch 3.5は30時間までミッションを遂行することができ、500フィート(約150m)の深さまで潜水することが可能だという。外観からは、それ以上のことができるように見える。

提供:Anne Broache/CNET News

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]