logo

ファイザー、ソフトバンクモバイルの「X05HT」を約3000台導入--MR向けに

松田真理(マイカ)2009年03月02日 15時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイザーは3月2日、ソフトバンクモバイルが提供するWindows Mobile搭載の携帯端末「SoftBank X05HT」を、社内の全医薬情報担当者(MR)向けに約3000台導入すると発表した。ソフトバンクテレコムを通じて購入する。

 また、マイクロソフトの「Microsoft System Center Mobile Device Manager 2008日本語版」(SCMDM 2008)を携帯端末の管理サーバとして同時に導入する。今回ファイザーが採用する、Windows Mobile搭載携帯電話とSCMDM 2008を併用したモバイル環境は、世界最大規模になるという。

 導入目的は「迅速な顧客対応と業務の効率化」とのこと。具体的には今後、(1)Microsoft Exchange ServerのメールやスケジュールをSoftBank X05HTのOutlook Mobileを利用してリアルタイムに確認し、医師からの問い合わせなどの対応を迅速化する、(2)テレビ電話機能やメールなどでMR間の情報をリアルタイムに共有する、(3)SCMDM 2008を利用して、社外へ持ち出す携帯端末の管理を強化する、(4)携帯電話の導入から運用まで、一貫してソフトバンクテレコムのサポートを利用する、としている。

「SoftBank X05HT」 「SoftBank X05HT」

-PR-企画特集