「ロックユーアジア」が本格始動--アジア圏のSNS向けにアプリの提供目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは2月26日、米RockYou、ガンホー・オンライン・エンターテイメントらと共同で、合弁会社「ロックユーアジア」に関する合弁契約を締結し、本格始動することを発表した。

 ロックユーアジアでは、アジア各国で普及するソーシャルネットワークサービス(SNS)上で、ソーシャルアプリケーションをはじめとした各種サービスの提供を目指す。

 代表者はガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役会長の孫泰蔵氏が務める。資本金は7500万円で、出資比率はソフトバンクが44%、RockYouが44%、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが9%、DCMが3% の資本構成となる。

 RockYouは、写真や動画をSNS上で友人と共有する「Super Wall」などのアプリケーションを米国のSNS「Facebook」に提供。アプリケーション内でターゲティング広告を展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加