NTTドコモのメロディコール、サンプル試聴の不具合でパケット通信料を誤課金

松田真理(マイカ)2009年02月25日 18時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは2月25日、電話をかけてきた相手に音楽などを流せるサービス「メロディコール」について、楽曲のサンプル再生が試聴できない事象が発生していたと発表した。楽曲試聴サイトにアクセスしたユーザーに対して、パケット通信料を返還するという。

 事象発生期間は、2008年10月23日午前7時から午後11時46分までの間。メロディコールサーバのソフトウェアが不具合を起こし、楽曲のサンプル試聴時に、楽曲ではなく話中音が流れる事象が発生したという。

 想定視聴回数は約3000回で、想定パケット通信料金は試聴1回につき、最大で約5円(約14.1パケット分)。想定返還金額は、総額で約1万5000円とのことだ。対象になる顧客には、確認ができ次第、翌月以降の請求金額から減算することでパケット通信料を返還する予定だ。

 問い合わせ先はドコモインフォメーションセンターで、電話番号はNTTドコモの携帯電話からの場合、局番なしの151、一般電話からの場合は0120-800-000。受付時間は午前9時から午後8時までとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加