KDDI、イリジウム衛星携帯電話「9555型」を2月24日より発売

松田真理(マイカ)2009年02月23日 19時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは2月24日より、イリジウム衛星携帯電話サービスに対応したIridium Satellite LLC製「9555型」の販売を開始する。イリジウム衛星携帯電話サービスは、上空780kmをまわる66基の周回移動衛星を使用して、全世界をカバーする衛星通信サービスだ。

9555型 「9555型」

 イリジウム衛星携帯電話同士の通信は、地上のネットワークではなく衛星を経由する。また、イリジウム衛星携帯電話と固定電話や携帯電話との通信は、米国にある地球局を経由する。なお、日本国内で使用できる機種はKDDIのみが取り扱うという。

 9555型機種は、従来機の「9505A」型に比べて約30%小型化したモデル。ミニUSBポートを搭載し、2.4kbpsのデータ通信が可能だ。内部収納タイプのアンテナも備えた。価格は24万9900円。

イリジウムサービス利用概要図 イリジウムサービス利用概要図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加