KDDI、インマルサット衛星を活用したデータ通信対応機種を2月24日より発売

松田真理(マイカ)2009年02月23日 19時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは2月24日より、インマルサット衛星を活用した高速データ通信サービス「BGAN」(Broadband Global Area Network)対応機種として、Addvalue製「Sable1」とThrane&Thrane製「Explorer727」の2機種を発売する。

 Sable1は、BGAN初の日本語表示に対応したモデル。Explorer727は、BGAN初の車載型設備で、衛星自動追尾機能を搭載し、車で移動しながら電話やデータ通信が利用可能だ。価格は、Sable1が38万8550円、Explorer727が262万5000円となる。

Sable1 「Sable1」
Explorer727 「Explorer727」

 BGANサービスは、3万6000km上空のインマルサット静止衛星を使って、通信インフラがない環境でも電話やデータ通信が利用できるサービスだ。通話と最大492kbpsのデータ通信が同時に利用できる。2008年8月にインマルサット第4世代衛星の3号機が打ち上がり、2009年2月25日より日本を含む太平洋エリアで運用が開始される予定だ。

2009年2月25日からの提供エリア 2009年2月25日からの提供エリア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加