logo

マイクロソフト、レイオフした従業員の「退職金に過分な支払い」

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年02月23日 10時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TechCrunchが米国時間2月21日に報じたところによると、先ごろ従業員1400人をレイオフしたMicrosoftは先週、元従業員たちに書簡(下記参照)を送り、退職金の支払いが若干「多すぎた」と述べ、これを払い戻すように依頼したという。

 書簡には「不注意により管理上のミスが起き、Microsoftからの退職金に過分な支払いがあった。不便をお詫びするとともに、払い戻しをお願いしたい」と書かれている。

 Microsoftの広報担当は、TechCrunchに投稿された書簡が本物であることを認めたが、「会社と影響を受けた人の間のプライベートな問題」として、詳しいコメントは差し控えた。

画像の説明
提供:TechCrunch

 同社はまた、この書簡を送付された人数、過分な支払いの総額についても明らかにしなかったが、レイオフされた一部の従業員は支払いが不足していたことも明らかにした。

 書簡には、会計上のミスの内容について説明はなかったが、(下線で強調表示する形で)払い戻されなければ少なくとも租税公課の形で罰則金が科される可能性があることが書かれていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集