logo

日本HP、家庭向けインクジェット複合機の最上位機種を2万円台で発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは2月16日、家庭向けインクジェット複合機「HP Photosmart All-in-Oneシリーズ」の新製品として、無線LANと両面対応ADF(自動原稿送り装置)、自動両面印刷機能を標準搭載した複合機「HP Photosmart Premium Fax All-in-One C309a(C309a)」を発表した。

 同社のオンラインストアおよび販売代理店より、2月26日から販売を開始する。HP Directplus価格は、2万9820円。

 C309aは、従来のHP Photosmart All-in-Oneシリーズが備えていたプリント・スキャン・コピー機能に、FAX機能を搭載した新モデル。両面対応ADFと自動両面印刷、有線/無線LAN、DVD/CDレーベルプリントなど、家庭のあらゆるニーズに対応する多彩な機能を搭載しつつ、3万円を切る価格を実現した。

 両面対応ADFは、最大50枚までの両面原稿の連続読み取りができる。原稿を差し替える手間なく大量のスキャンやコピーをとったり、FAXをスムーズに送信したりできる。また、用紙コストの削減に効果的な自動両面印刷機能により、両面に印刷された元原稿を自動で両面コピーすることも可能だ。

 有線LAN機能(10/100Base-TX)と無線LAN機能(IEEE802.11g/b)に加え、Bluetooth機能を搭載。プリント・スキャン・コピー・FAX機能を複数のPCで共有するとともに、Bluetoothに対応する携帯電話やPDAなどからのワイヤレスプリントも可能とした。

 給紙トレイは、A4対応メイントレイと2L判までのサイズに対応するフォトトレイの2段給紙とし、用紙を差し替えることなくハガキや写真をプリントできる。付属ソフトウェアと専用トレイを利用して、DVD/CDメディアのオリジナルレーベルを作成することも可能だ。

 さらに、より快適なプリント環境を実現する機能として、画像を2.4インチカラー液晶で確認し直接印刷できるダイレクトフォトプリント機能、プリンタ単体で罫線や数独ゲームが印刷できるフォーム印刷機能を搭載。複数のウェブページから必要な部分だけを選択してレイアウト印刷ができる「HP Smart Web Printing」も付属(CD収録)している。

 プリント速度は、A4カラー文書が最速32枚/分、L判写真が最速15秒。インクシステムには、5色独立(顔料系黒+染料計4色)インクシステムを採用した。5色独立インクシステムは、2サイズ(最小1.3pl)のインクドロップ噴射により、滑らかな階調表現を実現する「デュアルドロップボリュームテクノロジー」を搭載し、高品質な写真プリントとシャープなテキスト印刷を実現するという。

「HP Photosmart Premium Fax All-in-One C309a」 「HP Photosmart Premium Fax All-in-One C309a」

-PR-企画特集