MobileMeユーザーを狙ったフィッシング詐欺が発生

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年02月12日 10時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MobileMeユーザーを狙ったフィッシング詐欺が発生している。

 MobileMeは電子メールや連絡先、カレンダー情報をコンピュータ、iPhone、iPodと自動的に同期する、Appleのサービス。米国時間2月11日付けのMacworldによると、同サービスのユーザーの手元には、Appleから送信されたように装った 電子メールが届いているという。メールにはクレジットカード決済のエラーが原因でMobileMeの契約を更新できなかったと書かれており、本物のサイトに似た偽サイトにログインして情報をアップデートするよう、ユーザーに促している。

 Macworldは、2008年8月にもMobileMeユーザーを狙った同様のフィッシング詐欺が見つかったと、指摘している。

 MobileMeユーザーだけでなく、オンライントランザクションをするすべてのユーザーは、金融情報の入力を求める電子メールのリンクをクリックしないこと、また安全性を向上させる目的で利用される「https」プロトコルが利用されているか、ウェブアドレスをよく確認することが求められる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加