logo

フリービット、エグゼモードと資本・業務提携--ユビキタス家電生産に向け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリービットは2月4日、KFE JAPAN(KFE)の連結子会社であるエグゼモードの株式の一部を譲受け、エグゼモードとの資本・業務提携を行うことに基本合意したと発表した。

 株式譲渡日は、3月下旬を予定。KFEよりエグゼモードの株式28株を譲り受け、フリービットの所有割合は、14.0%となる。なお、本件にともなう2008年4月期のフリービットの業績への影響ついては、現時点では軽微であるとしている。

 フリービットは、中期経営計画「SiLK VISION 2010 Ver.2.0」における重点戦略の1つとして、独自技術Emotion Linkを利用したユビキタス家電の開発を行っている。一方、現在、KFEの100%子会社であるエグゼモードは、KFEの販売ネットワークを活用し、海外のデジタル商品を国内販売している。

-PR-企画特集