logo

東芝、グラフィックを強化したウェブモデル「dynabook Qosmio WXW」を追加

エースラッシュ2009年02月03日 16時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は2月3日、ウェブオリジナル製品として17型ワイド液晶搭載のグラフィック強化モデル「dynabook Qosmio WXW」に新商品を追加、2月下旬より順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、グラフィックチップにNVIDIA GeForce 9800M GTSを搭載した「WXW/79HW」および、NVIDIA GeForce 9700M GTSを搭載した「WXW/77HW」の2機種。WXW/79HWは、CPUにCore 2 Duo T9550を採用しており処理能力が向上した。補助記憶装置として160GバイトのHDDと128GバイトのSSDを同時搭載したモデルも選択できる。

 いすれのモデルも、WSXGA+表示の17型ワイド液晶を搭載し、2Gバイトメモリ、DVDスーパーマルチドライブ、高音質な「harman/kardon 5ステレオスピーカーシステム」、有効画素数131万画素のウェブカメラが搭載されている。

 OSはWindows Vista Home Premium 32ビット版 SP1。販売は同社直販サイト「東芝ダイレクトPC by Shop1048」にて行われ、価格はWXW/79HWのHDD+SSD搭載モデルが27万8000円〜、320GバイトのHDD搭載モデルが24万8000円〜。WXW/77HWは18万8000円〜となっている。

「dynabook Qosmio WXW」 「dynabook Qosmio WXW」

-PR-企画特集