2008年の国際特許出願件数、中国の華為技術が1位--パナソニックは2位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 知的財産権における保護の促進を目的とする国際連合の専門機関、世界知的所有権機関(WIPO)は、2008年の特許出願件数を発表した。

 まとめによると、出願総数は前年比2.4%増の16万3800件で、過去最高を記録した。

 国別では、1位は米国の5万3521件(前年比1.0%減)。以下、2位が日本の2万8744件(同3.6%増)、3位がドイツの1万8428件(同3.4%増)、4位が韓国の7904件(同12.0%増)、5位がフランスの6867件(同3.6%増)となり、1〜5位は前年と同じ順位となった。

 企業別では中国の大手通信機器会社、華為技術の1737件が1位。前年より372件増加し、4位から浮上した。

 前年1位のパナソニックは、371件減の1729件で2位に後退。前年2位のフィリップス(オランダ)が1511件で3位に、以下トヨタ、ボッシュ(ドイツ)、シーメンス(ドイツ)、ノキア(フィンランド)、LG電子(韓国)、エリクソン(スウェーデン)、富士通の順に続いた。

 一方、昨年7位のクアルコム、8位のマイクロソフト、10位のモトローラは圏外となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加