logo

「Gmail」がオフラインで利用可能に--グーグル、新機能の試験運用を開始へ - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月28日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフライン版Gmailで何ができるのか

 「(オフライン版でも)オンライン版とほぼ同じユーザーエクスペリエンスを実現したかった」とJackson氏は語る。

 オフライン版Gmailでは、ユーザーの受信箱のコピーがPCに保存される。「Gears」がPCにインストールされていて、オフラインアクセスが有効になっていると、Gmailはネットワーク接続時に自動的に新着メールを検知する。ネットワークの状態が良好ならGmailは通常通り機能するが、ネットワークに接続できない場合はオフラインモードとなり、接続が回復した際に未送信メッセージの送信や新着メッセージの取り込みを行う。

 またネットワークが不安定な場合は、「flaky connection mode(当てにならない接続モード)」を活用できる。このモードは、例えば、直ちに送信しなければならないメッセージをハードドライブに保存して待機状態にし、送信可能になり次第送信するというものだ。Googleはこのモードを、隣家の信号の弱い無線ネットワークを利用させてもらう場合などに便利な機能と位置付けている。

 オフライン版Gmailは有効になると、まずバックグラウンドでユーザーのアーカイブをユーザーのPCにダウンロードする作業から始める。

 Jackson氏は、Gmailはメッセージのローカルキャッシュの自動更新を行い、新着メッセージや最近読んだメッセージ、ユーザーがクリックした特定のラベルと関連付けられているメッセージを入れ替えると説明する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]