サン、予測を上回る2009会計年度第2四半期決算を発表

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉2009年01月28日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは米国時間1月27日、2009会計年度第2四半期(2008年10-12月期)決算で、売り上げが前年同期比約11%減少したと発表した。ただし、売り上げは、ウォール街の予測を上回る結果となった。

 決算発表を受け、Sunの株価は時間外取引において6.52%上昇し、1株あたり4.25ドルの値を付けた。

 Sunの第2四半期における売り上げは32億2000万ドルで、前年同期比約11%の減少となったが、前期比では7.7%増加した。Thomson Reutersによれば、アナリストらによる売り上げ予測は31億8000万ドルだったという。

 同社の純損失額は2億900万ドル(1株あたり28セント)に達した。前年同期の純利益は2億6000万ドル(1株あたり31セント)だった。ただし、特別科目などの項目を除いた純利益は1株あたり15セントだった。ウォール街は1株あたり8セントの損失を予測していた。

 Sunは同四半期、最大6000人の人員削減計画を発表しており、これは世界の従業員の約18%に及ぶ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加