ビクターアドバンストメディア、2層記録型の4倍速対応BD-Rと2倍速対応BD-RE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビクターアドバンストメディアは1月27日、2層記録型のブルーレイディスク(BD)として、4倍速記録対応の追記型「BV-R260FW」シリーズと、2倍速記録対応の書き換え型「BV-E260CW」シリーズを2月13日に発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 いずれの製品も容量は50GB。地上デジタル放送のハイビジョン画質の番組を約6時間連続して録画できる。記録層を保護する厚さ0.1mmのカバー層の表面に、傷や汚れに強い「U-HD ハードコート」を採用。ディスクを機器にセットしたり、取り出したりするときにも傷が付きにくい。また、インクジェットプリンタ対応で、内径24mm-外径118mmのワイドエリアに印刷ができるほか、水性や油性のフェルトペンなどでの手書きも可能。

 「BV-R260FW」シリーズは、「Blu-ray Disc Rewritable Format Version 1.2」に対応し、1回のみの録画が可能な追記型BD-R。BD-R DL方式の4倍速記録により、最短約46分で、対応するBDレコーダーからディスク1枚分の内容を高速ダビングまたはムーブできる。

 実勢価格は5枚パックの「BV-R260FW5」が5000円前後、10枚パックの「BV-R260FW10」が9000円前後の見込み。

 一方、「BV-E260CW」シリーズは、「Blu-ray Disc Rewritable Format Version 2.1」に対応し、くり返し録画が可能な書き換え型BD-RE。BD-RE方式の2倍速記録に対応するBDレコーダーから、ディスク1枚分の内容を最短約 93分で高速ダビングまたはムーブできる。

 実勢価格は、3枚パックの「BV-E260CW3」が4900円前後、10枚パックの「BV-E260CW10」が1万2000円前後の見込み。

ビクターアドバンストメディア=http://victor-media.co.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加