logo

富士通、ハードディスク用ヘッド事業から撤退

加納恵(編集部)2009年01月27日 15時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は1月27日、ハードディスク(HDD)用のヘッド事業を3月31日をもって終息することを決定したと発表した。ヘッド事業は長野工場が手がける事業の1つで、関連従業員は約360名。富士通では「HDD用ヘッド事業に従事している従業員は、当社グループ内で再配置を進めていく予定」としている。

 また長野工場に関しては、現在の主力事業であるサーバや通信機器向けのプリント基板事業を中心に今後も事業を継続していくとのこと。

 富士通は今回のHDD用ヘッド事業の終息にあたり、2008年度第3四半期の連結決算において設備関連で約50億円の特別損失を計上する予定としている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]