logo

オーディオテクニカからアルミボディのアクティブスピーカー

加納恵(編集部)2009年01月06日 17時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは1月6日、コンパクトボディのアクティブスピーカー「AT-SPS7」と「AT-SPS5」を、1月23日から発売すると発表した。両機種ともにスピーカーの素材にはアルミを使用している。

 AT-SPS7は、デスクトップタイプのアクティブスピーカー。大口径Φ70mmスピーカーと最大出力5W+5Wの迫力サウンドが再生できるという。

 ボディカラーはシルバーとガンメタリックの2色を用意。小音量時でもバランスの良い再生音が得られるラウドネスボリュームを内蔵している。電源はACアダプターを使用する。価格は2万6250円。

「AT-SPS7」ガンメタリック(左)とシルバー(右) 「AT-SPS7」ガンメタリック(左)とシルバー(右)

 AT-SPS5は、横166mmのボディにアンプとスピーカーを一体化したワンボディタイプ。単4アルカリ電池4本で駆動し、約18時間の連続使用が可能とのこと。

 0.5mのオーディオケーブルのほか、専用のポーチが付属する。こちらもカラーバリエーションはシルバーとガンメタリックの2色が用意されている。価格は1万2600円。

「AT-SPS5」ガンメタリック(左)とシルバー(右) 「AT-SPS5」ガンメタリック(左)とシルバー(右)

-PR-企画特集