パナソニック、ブルーレイDIGAに新製品--ワンセグ、アクトビラ、YouTubeを網羅

加納恵(編集部)2009年01月06日 16時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月6日、「DIGA」シリーズにおいてBlu-ray Discレコーダー4機種とデジタルレコーダー2機種の計6機種の新製品を発表した。発売は2月1日から。価格はオープン。

 Blu-ray Discレコーダーの「ブルーレイDIGA」は「DMR-BW950」(BW950)、「DMR-BW850」(BW850)、「DMR-BW750」(BW750)、「DMR-BR550」(BR550)の4機種をラインアップ。全機種に録画した番組をSDメモリーカードに書き出し、対応機器で視聴できる「ワンセグ持ち出し機能」を備えたほか、テレビ向けネットサービスのアクトビラは、フル対応となる「アクトビラ ビデオ・フル/ダウンロードサービス」に対応した。

 上位機BW950/850/750は、ダブルチューナータイプでデジタル放送のダブル録画も可能。そのほか、DLNA(Digital Living Network Alliance)、YouTube動画視聴などもできる。

  • DMR-BW950(HDD:1Tバイト 店頭想定価格:25万円前後)
  • DMR-BW850(HDD:500Gバイト 店頭想定価格:17万円前後)
  • DMR-BW750(HDD:320Gバイト 店頭想定価格:14万円前後)
  • DMR-BR550(HDD:250Gバイト 店頭想定価格:10万円前後)
DMR-BW950 「ブルーレイDIGA DMR-BW950」

 ハイビジョンDIGAは、250GバイトのHDDを内蔵した「DMR-XP15」と250GバイトHDDとVHSを一体化した「DMR-XP25V」の2機種が登場した。ブルーレイDIGA同様、「ワンセグ持ち出し」機能を備える。デジタルチューナーはシングルとなる。

  • DMR-XP15(HDD:250Gバイト 店頭想定価格:7万5000円前後)
  • DMR-XP25V(HDD:250Gバイト 店頭想定価格:10万円前後)
ハイビジョンDIGA DMR-XP15 「ハイビジョンDIGA DMR-XP15」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加