logo

企業への帰属意識と金融危機が教えたもの--伊藤穰一氏、國領二郎氏対談(その2)

永井美智子(編集部)2008年12月19日 18時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 企業への帰属意識に関するアンケート結果から見えてきたこと、オープンな社会といわれる米国が生み出した世界の金融危機から学ぶべきことを、伊藤穰一氏、國領二郎氏が議論した(第2回)。動画は全2回で、前編は「オープン化をめぐる意識と金融危機が教えたもの--伊藤穰一氏、國領二郎氏対談(その2)」に掲載している。

再生時間:23分26秒

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]