S・ジョブズ氏、Macworldでの基調演説は見送りに--アップルの参加も最後に

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟、編集部2008年12月17日 08時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏にとって、2008年1月にサンフランシスコで開催されたMacworld Conference & Expoが、同イベントでの最後の基調演説となってしまった。

 Appleは米国時間12月16日午後、2009年1月のMacworldは、IDG World Expoが主催するイベントに参加する最後の機会となることを発表した。さらにAppleは、通常はJobs氏が行う基調演説を、マーケティング担当シニアバイスプレジデントのPhil Schiller氏が行うことになると明らかにした。

 Apple関係者のSteve Dowling氏は、今回の決定が、Jobs氏の健康状態を憂慮して下されたものかどうかに関してコメントすることを拒んでいる。2008年を通じて、Jobs氏の健康状態をめぐっては、さまざまな注目すべき議論が交わされた。MacworldにおけるJobs氏の基調演説は、Appleが数々の非常に重要な製品や戦略を打ち出す上でも、まさに伝説的なイベントの花となってきた。AppleのコミュニティーでSuper Bowlのような意義を持つとされているMacworldで、Jobs氏が不在になるとのニュースは、Jobs氏の健康状態が悪化しているのではないかとのうわさを、またもやよみがえらせるものとなりそうである。

 Dowling氏は「今回がAppleにとって、最後のMacworldとなり、それゆえにPhil Schiller氏が基調演説を行うこととなった。今後もはや参加しないイベントに、大きな投資をしていく意味もないからだ」と語っている。

 Appleは、情報発信を成し遂げる上で、Macworldのような業界イベントが、もはや不要であると公言しているようにも見える。すでに同社は、何百万という人々が毎週訪れる、250に上る小売販売店を世界各地に構えており、同社のウェブサイトは、いまやインターネット上で最もトラフィックが多い10大サイトに名を連ねている。

 Macworldを主催するIDGとAppleの関係は、過去に厳しい状況に陥った。Appleは以前、サンフランシスコで開催されるイベントのみならず、もっと多くのMacworldに参加してきた。しかしながら、IDGが、Macworldの開催地であったニューヨークから、IDG本社があるフレイミンガムに近いボストンへと、同イベントを移すことを決定した時に、両社の間には大きな亀裂が入ってしまった。Appleは、ボストンで開催されることになるMacworldへは参加しないことをすぐに表明し、目玉となる呼び物もないまま、興味関心が薄れたことを理由に、東海岸で開催されるMacworldは、2005年に中止となってしまった。

 IDG関係者にコメントを求めたが、すぐには返答を得られなかった。

 Schiller氏の基調演説は、米国太平洋標準時間1月6日午前9時に予定されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加