logo

2008年夏にブログやECサイトで最も注目集めた薄型テレビは?--メタキャストらが調査 - (page 2)

岩本有平(編集部)2008年12月17日 10時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビCMが最も多かったのは、北京オリンピックの公式スポンサーだったパナソニックの「VIERA」。6月中旬〜7月上旬にかけて圧倒的な本数を放送していたという。次いで2位はシャープの「AQUOS」、3位はソニーの「BRAVIA」となった。

 その一方でネット上の動画で最も視聴されたのはBRAVIAに関する動画だったという。また、ブログではAQUOSに関する言及が最も多くなった。

 4社では、「AQUOSは調査期間中に3回も新製品を投入したため、話題の鮮度が高く保たれた」と分析。その一方で、テレビCMを集中放映したVIERAについては、「調査期間中に新製品の投入がなく、ブログで話題に取り上げられることが少ない結果になった」とした。BRAVIAに関しては「新製品の投入が7月30日と(調査期間内では遅かった)ため、ブログで盛り上がりに欠けた」としている。

 さらに、ECサイトでの購買検索では、REGZAやAQUOS、BRAVIAへの注目が集まったという。中でも新製品を投入し続けたREGZAの検索数が頭ひとつリードした形となった。

 4社では詳細なデータをメタキャストの特設ページにて公開している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]