海連、縦長表示に対応した2.4型デジタルフォトフレーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 海連は12月15日、2.4型縦長液晶ディスプレイを搭載したデジタルフォトフレーム「DF24B」を発売した。価格はオープンで、実勢価格は6800円前後の見込み。

 携帯電話のディスプレイのような、縦長の液晶ディスプレイを採用。本体に2MBのメモリを内蔵し、PCから画像を転送して表示できる。インターフェイスはminiUSBで、Windows Vista/XP搭載のPCに対応する。

 ディスプレイ解像度は320×240画素。最大27枚のスライドショー表示が可能。オートオフ、時計などの機能も搭載する。本体サイズは、幅80×高さ105×奥行き28mm、重さは96g。本体カラーはブラック。

海連=http://www.kairen.co.jp/japanese/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加