logo

フォトレポート:アップル製電話の試作品から「chumby」まで--ビンテージガジェット展示会 - 18/31

文:Andrew Nusca(ZDNet.com)
翻訳校正:川村インターナショナル
2008年12月12日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー「AIBO ERS-111」
 
 ソニーが発売した第1世代ロボットペットの初の改訂版は、最初は子犬のように、その後は成犬のように、といったロジックを用いて学習し、成長できた。リアルな動きや学習ができるほど精巧ではないため、恐竜型ロボット「PLEO」のように、真にロボット的な玩具の誕生につながった。

ソニー「AIBO ERS-111」

 ソニーが発売した第1世代ロボットペットの初の改訂版は、最初は子犬のように、その後は成犬のように、といったロジックを用いて学習し、成長できた。リアルな動きや学習ができるほど精巧ではないため、恐竜型ロボット「PLEO」のように、真にロボット的な玩具の誕生につながった。

Andrew Nusca/ZDNet.com

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]