リアルワールドが情報基盤開発と提携--会員による入力作業のクラウドソーシング事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルワールドは12月8日、クラウドソーシングを用いた新規事業「リアルクラウド」のベータ版サービスを開始した。情報基盤開発と提携し、同社が運営する集計データの自動入力SaaSサービス「AltPepar」とシステム面で連携をする。

 クラウドソーシングとは、知的生産力やコンテンツについて、インターネットを通じて、社外の不特定多数の人々に対してアウトソーシングを行うこと。

 今回の提携では、AltPaperが受注するアンケート集計作業のうち、顧客企業の同意が得られたテキスト入力作業をリアルクラウドへ提供する。また、リアルワールドから情報基盤開発へ手書きデータのスキャニング作業を依頼するほか、情報基盤開発がリアルクラウドへウェブ上での入力システムを提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加