日本初「芸能人Twitter」--IKKO氏がファンとの交流に活用

鳴海淳義(編集部)2008年12月10日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月10日にオープンした美容家IKKO氏のオフィシャルサイト「IKKO Style」に、ファンとの交流を図るツールとしてミニブログサービス「Twitter」が採用された。これまでコアなインターネットユーザーに使われたきたTwitterが女性ユーザーを獲得するチャンスを得た。

IKKO Style「IKKO Style」トップページ(クリックすると拡大します)

 IKKO Styleは、Twitterなどでユーザーとの双方向コミュニケーションをとる「コミュニティ」、IKKO氏の芸能活動や美容、コスメ関連情報、プライベートな活動をブログで情報発信する「インフォメーション」、メイクアップテクニックなど会員特典を提供していく予定の「ファンクラブ」の3要素で構成される。

DGインキュベーションの枝洋樹氏DGインキュベーションの枝洋樹氏

 Twitterの日本展開を支援するDGインキュベーションの枝洋樹氏によれば、芸能人がTwitterを公式に利用するのは日本初のことだという。IKKO氏は自らTwitterアカウント「IKKOStyle」を開設し、ブログと使い分けて更新していく。「ブログを読むと芸能人を身近に感じる。それがTwitterならもっと身近な存在になるだろう」(枝氏)。

 IKKO Styleのサイト上では、IKKO氏の発言とIKKO氏宛の発言を閲覧できるほか、Twitterでフォローするためのリンクも用意されている。

IKKO StyleTwitterの使い方も解説する(クリックすると拡大します)

 また、Twitterのコミュニティ機能「Twicco」において、IKKO氏のコミュニティ「twikko」も開設した。ここにはIKKO氏のつぶやきのほか、IKKO氏のファンのつぶやきも投げ込まれる。IKKO氏をきっかけにTwitterを使い始めた人が同じ趣味を持つユーザーを発見するのにも利用できる。

CGMマーケティングの津田一成氏CGMマーケティングの津田一成氏

 IKKO Styleの制作を担当したCGMマーケティングの津田一成氏は、「IKKOさんは『美の格言』というものを雑誌、テレビなどで発する機会が多いので、140字という制限があるTwitterは最適。ブログとの棲み分けができるのではないか」と語る。すでにIKKO氏にはTwitterの使い方をレクチャー済みだという。

 IKKO Styleの会員を対象としたリアルイベントも計画している。「IKKOさん本人もデジタル化に意欲を見せている。月1、2回でファンイベントを開催し、そこでもTwitterをコミュニケーションツールとして活用していく」(津田氏)

IKKO StyleIKKO氏のTwitterアカウント「IKKOStyle」(クリックすると拡大します)

 ブログは芸能人が利用することで一般の間にも広がっていった。今後はTwitterも芸能人のオフィシャルアカウントを積極的に開設して、知名度を上げていく考えなのだろうか。

 これについて枝氏は、「芸能人を軸にすることは考えていない。企業向けオフィシャルアカウントなども含めて提供していきたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加