paperboy&co.、12月19日にジャスダックへ株式公開--低迷するマーケットの起爆剤となるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 paperboy&co.が2008年のIPO(新規上場)銘柄の大トリを務め、12月19日にジャスダックへ株式公開する。IPOマーケットの話題は12月17日にマザーズに上場するグリーが独り占めしているが、グリー後に上場する唯一のIPO銘柄であるpaperboy&co.に注目する向きが増えてきている。

 paperboy&co.は「ロリポップ!」などのブランドで展開するレンタルサーバのホスティング事業を核に、EC支援事業やコミュニティ事業を展開する。EC事業はオンラインショップ支援などを行っており、コミュニティ事業ではブログやオンラインブックマークサービスなどを手掛ける。2007年12月期業績ではホスティング事業が8割以上を占めているが、今後はEC事業とコミュニティ事業が業績成長をけん引する格好となっていくとみられる。

 paperboy&co.は今回の株式公開にともない、5万株の公募と10万株の売り出しを実施する。公開価格は現在示されている仮条件1800〜1900円の間で決まる。仮条件の上限で試算した市場からの吸収金額は2億8500万円。オーバーアロットメント(追加売り出し)分を含めて約133億円を吸収するグリーと比べるまでもないが、2008年に株式公開した企業のなかでも最も少ない部類に入る、超小型案件だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加