2008年冬のボーナスは平均58万円--前年の7.5%減

新澤公介(編集部)2008年12月04日 23時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カカクコムは12月4日、冬のボーナス額を調査したレポート「冬のボーナス2008−使う?貯める?−」を発表した。

 この調査は11月18日から25日に、全国の価格.comID登録ユーザー4462人(男性:86.5%、女性:13.5%)を対象に、ウェブアンケートで実施された。

 レポートによると、2008年冬のボーナス予想支給額は58万円で、前年に比べて約4万円(7.5%)減少した。

 今回のボーナス額減少については、世代・性別を問わず全体的に下がっているのが特徴で、すべての層で同傾向にある。最も下落率が大きかった40代は、前年に比べ12.9%減少しており、金額にすると8万4000円に相当する。

 また、支給額から必要経費を差し引いた「自由に使えるお金」は、平均して20万5000円だった。その使い道は、「貯金」が圧倒的に多く42.7%を占めた。金額にして平均8万8000円程度が貯金に回されることになるが、前年の調査では平均18万4000円だった。

 貯金する理由としては、「今後の生活費の補填のため」(63.3%)や「年金など将来が不安だから」(31.7%)などが挙げられた。

 さらに、ボーナス予想支給額のゾーンで最も割合が多かったのは「30〜50万円」だったが、これらの人は平均4万5000円を商品購入に使うという。この半面、10万円以上使うのは、支給額が150万円以上という高額所得者に限られた。

 冬のボーナスで購入したい物は、「洋服・ファッション関連」(18.1%)、「液晶テレビ」(11.6%)、「PCパーツ」(11.5%)、「DVDレコーダー・プレーヤー」(9.7%)、「ゲームソフト」(9.5%)、「ノートパソコン」(8.7%)と続いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加