「iPod」不足、米国で拡大--アナリスト調査

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年12月04日 12時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comで発生した「iPod」不足が他の販売チャネルにも広まっている可能性がある、とアナリストが伝えている。

 Kaufman Bros.のShaw Wu氏のレポートによると、同氏の小売情報筋を調査した結果、Appleは、同社予想をはるかに上回ると思われるホリデーシーズン需要により、iPod不足に直面しているという。Wal-Mart、Best Buy、Targetなどの小売業者は現在、iPod不足を報告しており、その前には、Amazon.comが同製品の納期をブラックフライデー以降延長している、とWu氏は米国時間12月3日に配布したリサーチノートで述べている。

 iPod nanoやiPod touchのいつもの明るい広告が出ているが、Appleの最新iPodに対する人々の反応は不明だった。株式市場が不調で人々も自分の仕事を心配している状態において、このホリデーシーズンはiPod販売にとって最良のものになると思われていなかった。

 Wu氏の考えによると、もちろん消費者は、このホリデーシーズンの買い物に関して厳しい選択をしているが、iPodは「提供する価値についての強い消費者理解」の恩恵をいざという場合には受けているという。

 他のApple関連アナリストは、このホリデーシーズンのiPod販売台数を1800万〜1900万台と予想している。しかし、Wu氏はこれよりやや楽観的で、2100万台を予測している。2007年ホリデーシーズンにAppleは2200万台のiPodを販売している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加