logo

調査会社eMarketer、2008年のオンライン広告売り上げ予測を下方修正

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年12月02日 08時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルマーケティングならびにメディア調査会社のeMarketerは、2008年の米国内におけるオンライン広告売り上げの予測値を、8月に発表していた249億ドルから、236億ドルへと下方修正した。これにより、2008年のオンライン広告売り上げの成長率は、前年比11.3%増となり、2009年は前年比8.9%増に失速すると見られている。

 eMarketerは、明るい面に目を向けつつ、「下方修正がなされたものの、依然として、2007年の売り上げと比較しても、11.3%増を記録しているのは注目に値する」との声明を出している。eMarketerは、オンライン広告売り上げの予測値として、2009年には257億ドル、2010年には285億ドル、最終的に2013年には420億ドルに達するとの見通しを発表している。

 だが、あまり良くないニュースも飛び出してきている。最も大きな打撃を受けているのは、ブランド力の向上を目指して、さまざまなグラフィックス要素で訴えるディスプレイ広告事業であり、ディスプレイ広告売り上げの成長率の予測値は、16.9%から3.9%にまで引き下げられた。eMarketerは、「ディスプレイ広告は、自動車や小売販売など、この分野でカギを握る多くの垂直産業が、広告予算を大幅に削減している影響を受けて、伸び悩んでいる」との分析を発表した。

米国内におけるオンライン広告売り上げ予測値のグラフ画像 提供:eMarketer

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集