logo

ニコン、有効画素数2450万画素のプロユーザー向けデジタル一眼レフカメラ「D3X」を発売

エースラッシュ2008年12月01日 18時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは12月1日、ニコンFXフォーマットの新開発CMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「D3X」を、12月19日より発売すると発表した。

デジタル一眼レフカメラ「D3X」 デジタル一眼レフカメラ「D3X」

 今回発売されるD3Xは、撮像サイズ35.9×24.0mmのニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載したプロユーザー向けのデジタル一眼レフカメラだ。D3と共通のボディで機動性や操作性を継承しながらも、有効画素数2450万画素という中判デジタルカメラ同等の高画質を実現している。

 ニコン独自の包括的画像処理コンセプト「EXPEED」に基づいた新開発画像処理システムに加え、常用撮像感度はISO 100〜ISO 1600。ISO 1600に対し約2段(ISO 6400相当)までの増感や、ISO 100に対して約1段(ISO 50相当)の減感も行える。

 起動時間はD3と同じ約0.12秒で、レリーズタイムラグもメカニカルの限界といわれる約0.04秒を達成。連続撮影は、FXフォーマット(36×24)または5対4(30×24)時で秒間約5コマ、DXフォーマット(24×16)時で秒間約7コマの高速連続撮影が可能だ。

 また、UDMAに対応したメモリーカードダブルスロット、高密度51点フォーカスポイント採用のAFシステム、「手持ち撮影」と「三脚撮影」の2種類が用意されたライブビュー機能、別売のGPSユニット「GP-1」対応なども特徴となっている。

 価格はオープンだが、店頭想定価格は90万円前後になる見込みだ。

-PR-企画特集