フォトレポート:顕微鏡写真で見る驚異の世界--Nikon Small World受賞作品を紹介

文:Jennifer Guevin (CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年12月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この記事では、10月に発表された、顕微鏡写真コンテスト「Nikon Small World」の受賞作をご紹介する。

 Nikon Small Worldコンテストは1974年の開始以来、すぐれた顕微鏡写真を表彰している。2008年はこれまでで一番多い、2000枚近い写真の応募が世界から寄せられた。

 こちらの実体顕微鏡写真はニワトリ胚を写したもの。審査員から「Image of Distinction」賞を贈られ、また一般投票では1位を獲得した。

 ポルトガル・リスボンのTomas Pais de Azevedoさん撮影。

 この記事では、10月に発表された、顕微鏡写真コンテスト「Nikon Small World」の受賞作をご紹介する。

 Nikon Small Worldコンテストは1974年の開始以来、すぐれた顕微鏡写真を表彰している。2008年はこれまでで一番多い、2000枚近い写真の応募が世界から寄せられた。

 こちらの実体顕微鏡写真はニワトリ胚を写したもの。審査員から「Image of Distinction」賞を贈られ、また一般投票では1位を獲得した。

 ポルトガル・リスボンのTomas Pais de Azevedoさん撮影。

提供:Tomas Pais de Azevedo/Nikon

 この記事では、10月に発表された、顕微鏡写真コンテスト「Nikon Small World」の受賞作をご紹介する。  Nikon Small Worldコンテストは1974年の開始以来、すぐれた顕微鏡写真を表彰している。2008年はこれまでで一番多い、2000枚近い写真の応募が世界から寄せられた。  こちらの実体顕微鏡写真はニワトリ胚を写したもの。審査員から「Image of Distinction」賞を贈られ、また一般投票では1位を獲得した。  ポルトガル・リスボンのTomas Pais de Azevedoさん撮影。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加