2008年の三大話題商品は「Wii」「ポニョ」「地デジ薄型テレビ」--電通総研調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通総研 消費者研究センターは11月26日、「消費者が選んだ2008年話題・注目商品」の調査結果を発表した。

 この調査は、全国15歳以上の男女1000人を対象に、11月1日から3日にかけてインターネット上で調査したもの。約150アイテムの話題・注目商品候補を対象に「知っている」「興味がある・あった」「はやっている・いた」の3項目を調べた。

 調査結果によると、1位は「新感覚コントローラTVゲーム」(Wii)、2位は「崖の上のポニョ」、3位は「地デジ対応大画面薄型テレビ」、4位は「割安商品」(プライベート商品やアウトレットモール)、5位は「ペンタッチ携帯ゲーム」(ニンテンドーDS)、6位は「ワンセグ対応端末」、7位は「電子マネー」、8位は「タレント牧場生キャラメル」、9位は「コンパクトデジタルカメラ」、10位は「エコグッズ」となった。

 電通総研は2008年の消費潮流キーワードを「攻守切替消費〜生活を守りながら楽しむ知恵の消費〜」とした。これは、ただ守りに入るだけでなく、こだわりのある分野などには攻めの心理を垣間見せる消費行動が特徴的であったことから名付けたという。2009年はこのような消費スタイルがより顕著になっていくとみている。

 また、2009年以降もはやり続けるものとしては、「地デジ対応大画面薄型テレビ」、「電子マネー」、「新感覚コントローラTVゲーム」、「割安商品」、「動画共有サイト」の順となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加