au、インターネット接続サービス「au.NET」で誤請求--返金額は1670万円以上

松田真理(マイカ)2008年11月25日 18時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラーは11月25日、同社が提供するインターネット接続サービス「au.NET」において、一部のユーザーにパケット通信料金と月額利用料金を誤請求していたことを発表した。対象になる回線数は1万6851回線で、返金額は1672万543円になる。

 au.NETは、携帯電話やデータ通信カード端末をPCに接続して、インターネット接続が利用できるサービス。申し込みは不要で、月額利用料945円は利用月のみの請求となり、受信または送信時のデータ量に応じた料金を別途加算する。

 同社によれば2006年9月21日から2008年10月31日の間、実際はau.NETを利用していないユーザーに対して、パケット通信料金とau.NETの月額利用料金を請求していたという。一部のau携帯電話からパケット通信した際、誤った接続情報をネットワーク設備に通知していたことが原因とのことだ。

 対象機種は、カシオ計算機製のW43CA、W51CA、W52CA、W53CA、W61CA。日立製作所製のW43H、W43HII、W51H、W52H、W53H、W61H。パナソニックモバイルコミュニケーションズ製のW51P、W52P、W61Pとなる。

 今後、対象になるユーザーに対しては、案内とお詫びの書面を送付し、2008年12月請求料金(2008年11月利用分)で誤請求した金額を減額する。また、10月末までにauを解約したユーザーに対しては、送付する書面内に返金方法を案内するとのこと。

 同社では今後、再発防止策として、2009年春までに、誤った接続情報を遮断するネットワークの改修を実施するという。問い合わせ先は、au電話から局番なしの「157」、一般電話からは0077-7-111まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加