MS、スタートアップのベンチャー企業を支援する「Microsoft BizSpark」--開発環境などを無償提供

岩本有平(編集部)2008年11月19日 20時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは11月19日、スタートアップ期のITベンチャーを支援するためのプログラム「Microsoft BizSpark」(BizSpark)の提供を開始した。

 マイクロソフトは、これまで地方のITベンチャー育成に向けたプログラム「ITベンチャー支援プログラム」を12の自治体と連携して提供するほか、ソフトウェアビジネスを展開するITベンチャーの表彰を行う「Microsoft Innovation Award」などでITベンチャーの支援活動を進めている。

 今回提供するBizSparkはスタートアップ期のベンチャーに特化した全世界展開の支援プログラムだ。起業して3年未満の起業に対し、開発環境やサーバソフトなどを提供していく。

 また、スタートアップ期の企業を支援する企業や団体とは「ネットワークパートナー」という名称で連携。ベンチャーキャピタルやインフラ事業者らが、それぞれの得意分野で支援を行っていく。現在のパートナーはWipes、KDDI、GMO VenturePartners、GMOホスティング&セキュリティ、埼玉県 創生ベンチャー支援センター、モバイル・インターネットキャピタルの6つの企業や自治体だが、今後は数を増やしていく予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加