MS、コンシューマー向けセキュリティ対策スイートを無償提供へ

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉2008年11月19日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが米国時間11月18日、コンシューマー向けのセキュリティ対策として、有料登録ベースのスイート製品「Windows Live OneCare」の提供を打ち切り、マルウェアから個人のコンピュータを守る無料ソフトウェアを提供すると発表した。

 この新しいソリューション(コードネーム「Morro」)は、2009年下半期に利用可能になる予定で、ウイルスやスパイウェア、ルートキット、トロイの木馬からコンピュータを守る、とMicrosoftは声明の中で述べた。

 Windows Live OneCareには、プリンタの共有やPCの自動調整など、セキュリティ対策以外の機能も搭載されていたが、これらはMorroには含まれない。だがMorroは、Live OneCareよりも使用するリソースが少ないので、帯域幅が狭いシステムや性能が比較的低いPCに適している。

 Microsoftは、年間料金49.95ドルでセキュリティ対策機能のほか、集中バックアップ、最適化機能を提供するWindows Live OneCareの販売を打ち切り、ウイルスやインターネット経由の攻撃からより多くのPCを守る無料のマルウェア対策ソフトを提供することに決めた。

 Microsoftは、「Windows Live OneCare Team Blog」への投稿で、「世界中のコンシューマーの過半数は、最新のウイルス対策、スパイウェア対策、マルウェア対策を施していない」と述べた。この投稿には、一般ユーザー向けの詳細なFAQも含まれている。

 同社は、2009年6月30日まで小売店を通じてWindows Live OneCareの「Windows XP」版と「Windows Vista」版の販売を続け、直販はMorroのリリースに合わせて段階的に提供を中止する予定だ。「Microsoftは、有料サービスの有効期限中はすべての現行ユーザーが保護されることを保証する」と、声明には書かれている。

 Morroは、ダウンロード版でリリースされ、Windows XP、Windows Vista、「Windows 7」に対応する予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加