ウィルコム、モバイル内線ソリューション「W-VPN」を大企業向けに

松田真理(マイカ)2008年11月18日 19時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄は11月20日より、全国モバイル内線ソリューション「W-VPN」を大企業でも利用しやすくする。1回線あたりの同時通話数を増やすことで、実質的な負担を減らす。

 W-VPNは、対応のPHS電話機に内線番号を付与し、ウィルコムの全国サービスエリア内で、内線番号での発着信を可能にするサービス。また、PBXとウィルコムのネットワークを直接接続し、オフィスの電話とウィルコムのPHS電話機の音声通話を定額料金で利用できるようにする。

 これまでは1回線につき同時2通話が可能な「BRI専用回線」だけに対応していたが、新たに「PRI専用回線」に対応し、1回線につき同時23通話までできるようにする。1回線あたりで利用できる同時通話数が増えるため、ウィルコムでは、多くの回線を利用する大企業においてコスト面でメリットがあるとしている。

 W-VPNを利用するためには、ウィルコム定額プランもしくはウィルコムビジネスタイム定額トリプルプランへの加入、およびW-VPN内線オプションの契約が必要になる。初期費用は、PRI(23ch)が6万3000円、BRI(2ch)が1万500円。1回線あたりの専用回線利用料は、PRIが月額3万1500円、BRIが月額5250円。W-VPN内線オプション利用料は1回線あたり月額315円で、初期費用が1050円別途かかる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加