アドビのCTO、クラウドとローカルの統合を語る

冨田秀継(編集部)2008年11月18日 10時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ソフトウェア開発の潮流に3つの変化が起きている」――11月18日に開幕したAdobe MAX 2008の基調講演において、Adobe SystemsでCTOを務めるKevin Lynch氏はソフトウェア開発の現在と変革を説明した。

 Lynch氏が挙げた変化とは下記の3点。

  1. Client+Cloud(クライアントとクラウドコンピューティング)
  2. SocialComputing(ソーシャルコンピューティング)
  3. Devices+Desktop(デバイスとデスクトップ)

 本稿ではクライアントとクラウドコンピューティングについて紹介する。

Linuxから始まったFlash 10の64bit対応

 これまでのコンピューティングは、プログラムをデスクトップあるいはノートPC上で展開し、ローカルアプリケーションとして動作させる形式が主流だった。しかしLynch氏は、ローカルコンピューティングがクラウドに統合されていく最中にあるのが、現在なのだと指摘する。

 Adobeが用意するクライアント側の技術には、Flash Player 10がある。開幕の前日には、64bit版Linux対応のAdobe Flash Player 10(アルファ版)をリリースすることも発表した。

 Flash Player 10の64bit対応は、WindowsプラットフォームとMac OSプラットフォームに先駆けて、Linuxが先陣を切った。このリリースは「アドビのオープン性の現れ」(アドビ システムズ)だという。

 「Flashの次のレベルの能力はAIRが実現する」とLynch氏は続ける。「ローカルでアプリケーションを走らせ、それと同時にさまざまなサービスを取得、ブレンドすることができる」(同)

 クラウド側の技術にはFlexがある。Lynch氏はFlexを学習するためのAIRアプリケーションとして「Tour de Flex」を紹介。Tour de Flexにはソースコード付きのサンプルが200以上も同梱されており、Flexのコアコンポーネント、データアクセスコンポーネント、Cloud APIなどのドキュメントも参照できる。

 このAIRアプリケーションは、Flexに触れたことのない開発者向けにはその概要を示すものとして、Flex開発者のためにはビジュアル化されたリファレンスツールとして提供されている。

 Lynch氏はローカルコンピューティングとクラウドコンピューティングをうまく統合することで、「インフラに力を入れるのではなく、イノベーションに注力することが可能となる」と話している。

アドビのハリー・ポッターと紹介されたKevin Lynch氏。3つの変化の1つ「Devices+Desktop」ではiPhoneのFlash対応についても言及した アドビのハリー・ポッターと紹介されたKevin Lynch氏。3つの変化の1つ「Devices+Desktop」ではiPhoneのFlash対応についても言及した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加