logo

居場所検索、利用情報収集、かんたん機能拡張--ブラウザのさらなる進化へ、モジラの取り組み - (page 2)

永井美智子(編集部)2008年11月17日 23時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でもブラウザを拡張できる「Ubiquity」

 Ubiquityは、ユーザーが登録したコマンドをブラウザ上で入力すると、ウェブ上で提供されているさまざまなサービスを呼び出せるというもの。例えばサイトの文章を翻訳したい場合、文章をドラッグして「translate」と打つと、Google翻訳を利用した翻訳結果が表示される。リターンを押せば、ドラッグした部分が翻訳文に変わる。

 短いjavascriptのコードで実行できるため、「リリースして2カ月程度だが、Firefoxのプラグインと遜色ないくらいの数のコマンドが出てきている」とRaskin氏は話す。コマンドエディタも公開されており、実際Raskin氏は文字を自動で入力するという簡単なコマンドを30秒程度で作ってみせた。

 「UbiquityはHTMLとjavascriptをかじったことのある人なら誰でもブラウザ機能を拡張できる。障壁を下げられたので、ブラウザの将来の方向性を決めるためにも、より多くの、新世代の人たちに参加してもらいたい」(Raskin氏)

 Ubiquityの機能の一部はFirefox 3.2で採用される予定だ。また、携帯電話向けブラウザ「Fennec」にも取り入れられるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]