ニンテンドーDSのコピーソフトとマジコンを販売していた男性らが逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニンテンドーDSのゲームソフトデータを無断で複製し、microSDカードに入れて、ゲームソフトを稼動させるための機器「R4」とセットで販売していた男性らが11月13日、著作権法違反の疑いで逮捕された。社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が明らかにしたものだ。

 R4は「マジコン」と呼ばれる機器の一種で、コピーしたゲームソフトをニンテンドーDSでプレイできるようにするもの。調べによると、大阪府寝屋川市の職業不詳男性A(37歳)、同市の有限会社代表取締役の女性B(58歳)、同市の職業不詳男性C(21歳)の3人は2008年7月26日、自らが運営するホームページ「DSGAMEJP」において、任天堂が著作権を持つ「マリオパーティDS」など計5タイトルのゲームデータを無断で複製して入れたmicroSDカード1枚とR4を、セットで1万980円で販売した。

 男性らはDSGAMEJPに、「DSゲームはダウンロードする時代」「全てのゲームが0〜500円」などと明記した上で、ニンテンドーDS用ゲームソフトを大量に無許諾でアップロードし、ユーザーに有償でダウンロードさせていた。なお、京都府警の捜査員がサイバーパトロールでDSGAMEJPを発見したことで事件が発覚した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加