ニコニコ動画、単月黒字化は2009年6月--夏野氏は取締役エヴァンジェリストに就任へ

永井美智子(編集部)2008年11月14日 16時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴは11月14日、子会社のニワンゴと共同で運営している動画コミュニティサービス「ニコニコ動画」について、2009年6月に単月黒字化する計画であることを明らかにした。同時に、現在顧問を務める夏野剛氏が取締役に就任し、「エヴァンジェリスト」という肩書きで活動する予定であるとした。

夏野剛氏 12月に取締役に就任する予定の夏野剛氏

 ドワンゴはこれまでも、ニコニコ動画を2009年9月期中に単月黒字化するとしていたが、詳しい時期を明らかにしたのは今回が初めてとなる。

 ニコニコ動画の単月費用は10月時点で約3億1000万円。これに対し、収益は2億円弱と赤字が続いている。同社は、プレミアム会員と呼ぶ有料会員の月額利用料、広告収入、「ニコニコポイント」という有料ポイント収入の3つを伸ばすことで黒字化を図る考え。

ニコニコ動画事業にあたるポータル事業の収支推移 ニコニコ動画事業にあたるポータル事業の収支推移(※画像をクリックすると拡大します)

 ニコニコ動画の会員数は11月12日に1000万人を突破し、順調に増えている。その一方、有料会員の数は11月13日時点で21万5000人と当初想定ほどは増えていない。今後は有料会員のみが利用できるサービスなど、「わかりやすいものからわかりにくいものまで、優遇施策を積極的に展開していく」(夏野氏)ことで、2009年9月までに有料会員を36万人へと増やす計画だ。

10月末時点におけるニコニコ動画の会員登録者数 10月末時点におけるニコニコ動画の会員登録者数(※画像をクリックすると拡大します)

 すでに「ニコニコ生放送」という生中継サービスでは、定員を超える視聴者がいる場合有料会員が優先され、視聴途中であっても無料会員の接続が切られる「追い出し」(ドワンゴ代表取締役社長の小林宏氏)を始めた。「ちょっと露骨だが、しょうがないかという評価をいただいている」(小林氏)。有料会員数は9月まで横ばいの状態だったが、11月は2週間で7000人増えるなど、増加ペースになっているとのことだ。

 広告収入については、広告枠を増やし単価を上げることで増加を図る。10月には動画視聴画面などのデザインを変更し広告枠を増やしたことで、広告出稿数も伸びているという。夏野氏は、「ニコニコ動画はネット媒体のリーチ数ではトップ10に入っている。広告収入でもトップ10に入りたい。自分はネット業界にも広告代理店にもネットワークがあるので、それを生かした大掛かりな仕掛けを考えている」と話し、利用者数の多さを生かした広告商品を企画していることを明かした。

ニコニコ動画の広告主の種類と売上推移 ニコニコ動画の広告主の種類と売上推移(※画像をクリックすると拡大します)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加