logo

世界の企業IT支出、伸びは鈍化--IDCの09年修正予測

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年11月13日 17時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米調査会社IDCは、全世界における、企業のIT支出の年間予測を修正した。

 世界規模の金融危機の影響を受け、IDCは2009年における、企業のIT支出の前年比伸び率が全世界で2.6%と予測する。9月末に米国で金融危機が発生する前、IDCはIT支出の伸び率を全世界で5.9%と予測していた。IDCは、米国におけるIT支出の伸び率を4.2%と予測していたが、0.9%に修正した。

 Cisco Systems、Nortel Networks、Dellなどの企業は、すでにIT支出の減少を報告しているか、あるいは今後の減少を予測している。

IDCによると、ストレージ分野に対する支出を除き、ハードウェア分野に対する支出は最大の打撃を受けると予想される。一方で、ソフトウェア分野とサービス分野のほうが支出への影響が出づらいという。

 地域で比較すると、日本、西ヨーロッパ、米国ではIT支出に大きなブレーキがかかるとされる。中央および東ヨーロッパ、中東、アフリカ、ラテンアメリカでは依然として「堅調な」伸びが予想されると、IDCは述べる。

 しかし、IDCの報告は必ずしも悲観的ではない。IDCは、2012年までにIT支出が完全に回復し、6%の伸び率に達するとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集