レンタルサーバ管理人が逮捕、違法着うた配信を手助けした疑い

永井美智子(編集部)2008年11月12日 13時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室、八幡署、下鴨署及び東山署は11月11日、著作権者の許可なく着うたなどを配信したサイト「第(3)世界」(http://www.dai3-w.sakura.ne.jp/、現在は閉鎖されている)に関して、このサイトのレンタルサーバを管理していたエーウォーカー役員の男性(30歳)を著作権法違反幇助の疑いで逮捕した。

 社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)によれば、携帯電話向けの違法サイトに関連して、著作権法違反幇助の疑いで逮捕者が出たのは初めてという。この役員の男性は、違法行為だと知りながら公衆送信可能化を助けたとの疑いが持たれている。

 エーウォーカーは携帯電話向けの無料ホームページ作成サービス「MobileSpace」などを運営している企業。この件についてエーウォーカーでは、「担当者がいないためコメントできない」としている。

 また、第3世界の運営者の男性(28歳)と、このサイトにJASRACが著作権を管理している楽曲をアップロードしていた男性(53歳)については、著作権法違反の疑いで再逮捕されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加