ロジテック、最大約272時間の録音が可能なmicroSDHC対応ICレコーダーを発売

エースラッシュ2008年11月05日 20時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジテックは11月5日、最大約272時間の録音が行えるmicroSDHC対応ICレコーダー「LIC-SR500シリーズ」を、11月下旬より発売すると発表した。

 今回発売されるLIC-SR500シリーズは、スタイリッシュなボディに高性能の無指向性ステレオマイクとmicroSDHCカードスロットを搭載したICレコーダーだ。2GバイトのmicroSDカードが付属する「LIC-SR500M02シリーズ」で最大136時間、4GバイトのmicroSDHCカードが付属する「LIC-SR500M04シリーズ」では、最大272時間の録音を実現している。

 内蔵マイクの感度はノーマルとゲインアップの2段階に切り替えでき、外部ソースからのデジタル録音が可能なライン入力も装備。録音フォーマットはMP3で、再生についてはMP3とWMAに対応する。そのほか、暗い場所でも見やすいバックライト付き液晶、音程を変えずに再生が可能な変速再生機能を搭載しているのも特徴だ。電源は単4形乾電池2本で、最大15時間の連続録音が可能。

 さらに、付属の編集ソフトウェア「らくチューン」には、ノイズ除去や音楽ファイルのフォーマットの変換、再生速度を0.5倍から2倍まで調節できる倍速再生機能、無音部分の検出機能がついたファイル分割機能、iTunesへの転送機能なども装備している。カラーバリエーションは2シリーズともにホワイト、ブラック、ピンクの3種類を用意。価格はオープンだが、店頭想定価格はLIC-SR500M02シリーズが1万3800円、LIC-SR500M04シリーズが1万6800円となる見込みだ。

ICレコーダー「LIC-SR500シリーズ」 ICレコーダー「LIC-SR500シリーズ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加