logo

リクルート、ケータイ交換ノート「ハモニナ」を公開

鳴海淳義(編集部)2008年11月04日 13時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リクルートは11月4日、携帯電話で使う交換ノート「ハモニナ」を公開した。

 ハモニナは、友達との会話を蓄積すること、その会話を友達と共有できる仕組みにすることの2つをコンセプトとしたコミュニケーションサービス。

 ユーザー登録すると、無料で携帯電話から「ハモニナノート」と呼ばれる仮想のノートを作ることができる。ノートは最大15人までの同時会話(書き込み)が可能。友達同士でノートにコメントを書き込むと、会話の内容が蓄積される。

 ハモニナノートでの会話が32ページ分に達すると、ハモニナのサイト内に設けられた注文画面より注文することで、ハモニナノートをリアルな「プリクラ」や「アルバム」に変換できる。

 プリクラにする場合、32ページのハモニナノートが1シート32枚のシールになる。価格は1シート210円で、送料が別途80円かかる。アルバムにする場合、32ページのハモニナノートが1冊のアルバムになる。価格は1冊1980円で、送料が別途500円かかる。

ハモニナ「ハモニナノート」の利用シーン

-PR-企画特集