logo

「Windows 7」プレベータ版、早くもBitTorrentで流出

文:Suzanne Tindal(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年11月04日 07時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftがProfessional Developers Conference(PDC)で、開発者向けにリリースした「Windows 7」のプレベータ版が、すでに主要なBitTorrentサイト上へアップロードされており、世界中の多くの熱心なユーザーが、現在ダウンロードしている。

 BitTorrentサイトとして有名な「The Pirate Bay」や「Mininova」などのサイトでは、米国時間10月31日に、32ビット版および64ビット版の新OSとして、Windows 7の複数のダウンロードがホストされるようになった。

 The Pirate Bayでは、32ビット版のコピーが、1000人以上のアップロードでサポートされ、約7000人がダウンロードしている。64ビット版は、それほど人気がなく、最も初期に出回ったコピーは、約100名がホスティング中で、約1000名がダウンロードを行っている。

 The Pirate Bayで提供されているWindows 7のビルドは、最新バージョンではないとの不満も出てきているが、関係者に配布された安定したビルドになっており、新たに改良されたタスクバーなどは搭載されていない。ファイル提供者となる「シーダー」が非常に少ないことを考えれば、ダウンロード速度が遅いとの不満が多いのも、仕方がないことかもしれない。

 Mininovaで最も人気がある「Windows 7」の32ビット版のリンクも、ほぼThe Pirate Bayと同じアップロードおよびダウンロード人数が報告されている。しかしながら、Mininova上の64ビット版は、さらに希少性が高く、提供者となる30人の「シード」に、約150人の「リーチャー」がダウンロードを行っているのみという状況である。

 (Windows 7の試用後も)それほど感銘を受けなかった人もいる。「何も目新しいものはない。これをダウンロードするのは勧められない。時間の無駄だし、Vistaでも十分だ」というコメントまで残されていた。

 「これはまじめな話だが、あくまでもライターが新バージョンについて何か書けるようにと、展示会で配布されたプレベータ版であることを忘れてはならない。日常的なシステムとして使う意図でダウンロードすることなど、決して行うべきではない。どのようなシステムになるのか、ライターが感じ取れるようにするためだけのものなのだ」と記し、現実的な観点から考えてみるようにと促している人もいる。

 多くの企業は、新OSがビジネスにどのような影響を及ぼすことになるのかに、関心を抱いているはずだ。Dimension Data社内で、Microsoftのソリューション事業に関して、グローバル技術ソリューションディレクターを務めているPeter Menadue氏は、「3週間前にワシントン州レドモンドで、事前に(Windows 7を)垣間見る機会に恵まれた」と語っている。

 とりわけMenadue氏は、MicrosoftのWindowsおよびWindows Liveのエンジニアリング部門シニアバイスプレジデントであるSteven Sinofsky氏に言及しつつ、「Microsoftは、本当にすばらしい仕事をやり遂げた。Sinofsky氏は天才である」とまで述べた。

 Menadue氏は、Windows 7に関するプレスの報道に欠けている点として、アプリケーションセキュリティ、データセキュリティ、アプリケーション導入などの分野で改善が加えられているなど、エンタープライズ分野で関心を引きそうな、Windows 7の多くの特徴が見過ごされている点も指摘した。

 仮想化のサポートや、Vistaとのアプリケーションおよびドライバ互換性維持をMicrosoftが明言している点なども、Menadue氏は、企業が評価できそうな点として挙げている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集