logo

「SEOで検索順位1位」はどこまで重要か--ユーザーの検索行動を分析する - (page 3)

奥井夏子(イー・エージェンシー インフォメーションアーキテクト)2008年10月31日 17時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検索結果における魔法--ユーザーが必ずクリックしてしまうのは?

 調査検索では、ユーザーは順位にとらわれず、タイトルとディスクリプションでページ内の情報を取捨選択するという結果が出ました。その取捨選択の基準は、ユーザーが何についての情報を調べるかにより異なります。

 ただし被験者達がついクリックしてしまう、共通のトリガーがあります。下記の図は、おすすめのデジタルカメラを見つけていた被験者Bさんの目の動きです。視線がZ型に動く調査検索の特徴は見られますが、ページ半分だけを読んだところで「All About」の記事を発見、すぐさまその記事をクリックしています。またそこでぷっつりと視線は途切れ、それ以降の結果を全く読んでいないことがわかります。

おすすめのデジタルカメラを見る様子 図4:おすすめのデジタルカメラを見つけていた被験者Bさんの様子(※画像をクリックすると拡大します)

 All Aboutの他、全体のテスト結果を通してよくクリックされていたのは、「Wikipedia」「教えて!goo」「価格.com」など、情報サイトとして評価の高いサイトです。これらのサイトは、検索順位のどこに出ていようとクリックされる確率が高く、またそれ以下の順位の記事をユーザーはほぼ見ない傾向にありました。サイト運営者は、自サイトの検索結果がこれらサイト順位より下方にある場合、注意する必要があります。

必ずしも検索結果1位である必要はない

 今回のテストにおいてわかったことをまとめると、以下のような図になります。

検索結果上でクリックされやすい条件

 上記を考慮すると、サイトコンテンツ属性により、SEO対策で取るべき施策は異なると言えます。

検索結果種類別の重要度

 サイトの内容によっては、検索結果の上位に表示されなくても良いのです。ただ、調査検索対象ページにおいても、検索結果の2ページ目までには掲載されている必要があるでしょう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]