logo

「SEOで検索順位1位」はどこまで重要か--ユーザーの検索行動を分析する - (page 2)

奥井夏子(イー・エージェンシー インフォメーションアーキテクト)2008年10月31日 17時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出てきた結果が予想と違った--さぁどうする?

 ではもし、検索結果1位に、予想に反する答えが出た場合、ユーザーはどのような行動を取るのでしょう。検索結果の中からじっくり答えを探そうとするのでしょうか。

 被験者Dさんは、キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS KISS」の製品サイトを探そうとしました。その結果が下記の図になります。

「EOS KISS」の製品サイトを探す 図2:被験者Dさんが「EOS KISS」の製品サイトを探した様子(※画像をクリックすると拡大します)

 Dさんは、検索結果5位までにすばやく目を走らせ、自分の欲しい情報がないと判断すると、すぐにキーワードを変更し再検索をしました。

 目的検索においては、どの被験者も1回の検索に時間をかけようとはしませんでした。上位の検索結果が期待と違った場合、ページの下方や次ページから情報を探し出すのではなく、検索キーワードを変えて再度検索をやり直す、というのが被験者達に多数見られた行動です。

調査検索に順位は関係ない

 次に調査検索の場合の視線の動きを見てみましょう。

 下記は、先ほどと同じ被験者Dさんが「夜景の撮り方」を調べた時の視線の様子です。目的検索に比べ、ページの下までよく見ていることが分かります。また視線がZ型に動き、タイトルやディスクリプションを読んでいることが分かります。

「夜景の撮り方」を調べる 図3:被験者Dさんが「夜景の撮り方」を調べた様子(※画像をクリックすると拡大します)

 調査検索においては、どの被験者達も順位にとらわれずページ全体を注視しました。その中で、タイトルやディスクリプションをもとに情報を取捨選択しながら、記事をクリックしていました。ただしよく見ているのは、検索結果の2ページ目まで。3ページ目以降はほとんど見ずに、検索キーワードを変えて再検索をするという行動パターンが見られました。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]