コンパクトプリンタへの関心、3割が「ある」

アイシェア rTYPE リサーチ2008年10月31日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プリンタに関する意識調査、第3回目ははがきサイズまでのプリントに特化して本体を軽量&スモール化した「コンパクトプリンタ」へのニーズを探った。集計回答数は20代から40代を中心とするネットユーザー男女947名、うちプリンタ所有者は88.0%。

 第1回・2回調査の結果、普段のプリンタの使い道として最も多かったのは「はがき印刷」で、「デジカメ画像の印刷」も3位。

 購入ポイントでは「省スペース」が上位につけ、日常的に大きなサイズをプリントする必要性がないユーザーが増加していることが伺えた。また、プリンタを所有しない理由も「置き場所がない」とするものが多数を占めた。

 同じ調査パネルに対し、「コンパクトプリンタに興味はあるか」と聞いたところ、27.8%が「ある」と回答。

 使い道別に興味の有無を見ると、「officeデータの印刷」に使うユーザーで「興味あり」としたのは28.3%だが、「デジカメ画像の印刷」をするユーザーでは31.3%、「携帯電話画像の印刷」をする人では47.8%と半数近くにのぼった。

 「コンパクトプリンタを購入するとしたらどんな点を重視するか」を複数回答形式で聞いたところ、「大きさ」が68.0%でトップにつけ、「重さ」が63.4%で続いた。『持ち運び可能』な点が大きなセールスポイントなだけに、関心も当然高い。

 一方、「本体価格」は3位で49.3%、以下「画質の良さ」39.8%、「インクカートリッジの価格」39.2%と、機能やコストは4〜5割にとどまった。

 サイズに関係する「大きさ」「重さ」以外では、男性と30代が「本体価格」、女性が「画質の良さ」、20代が「デザイン」、40代が「インクカートリッジの価格」を、それぞれ重視する傾向にあることも伺えた。

 次回第4回調査では、デジカメや携帯電話で撮った写真の印刷に便利な「フォトプリンタ」に関する調査結果を報告する予定。

 調査はブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。

関連記事
第1回調査:プリンタの使い道ランキング、1位は「はがき印刷」、2位「officeデータの印刷」、3位「デジカメ画像の印刷」
第2回調査:欲しいプリンタの条件、ランニングコストが高画質に拮抗

コンパクトプリンタに興味はあるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加