logo

富士フイルム、コンパクトデジカメ「FinePix Z250fd」と「FinePix J15fd」を発売

エースラッシュ2008年10月29日 20時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは10月29日、コンパクトデジタルカメラの新機種として「FinePix Z250fd」および「FinePix J15fd」を発表した。11月15日から発売する。

 FinePix Z250fdは、本体カラーに応じてレースとグラデーションのコーティングを施した「Zシリーズ」の新モデルだ。スタイリッシュボディに1000万画素のCCDやフジノン光学式5倍ズームレンズ、CCDシフト式の手ブレ補正機能を装備。カメラを被写体に向けるだけで撮影シーンを自動的に判断する「シーンぴったりナビ」もZシリーズで初採用されている。

 そのほか、ブログなどウェブサイトへのデータアップ時に最適なサイズへリサイズする「ブログモード」に全12種類の画像加工機能が追加された。カラーはデコレーションピンク、デコレーションホワイト、グラデーションレッド、グラデーションパープルの4種類。市場想定売価は3万7000円前後になる予定だ。

「FinePix Z250fd」 「FinePix Z250fd」
デコレーションピンク、グラデーションレッド(上段)
デコレーションホワイト、グラデーションパープル(下段)

 FinePix J15fdは、最薄部19mmのコンパクトボディに顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載した「FinePix J10」の後継モデル。有効画素数は815万画素で、フジノン光学式3倍ズームレンズや「ブレ軽減モード」も搭載する。市場想定売価は2万円前後になる見込みだ。

「FinePix J15fd」 「FinePix J15fd」

-PR-企画特集